選び方 住宅ローンの基本

家計のタイプ別の借り方・返し方は?

投稿日:

 

トモヤさん
住宅ローンは自分に合った借り方・返し方があると思うんですけど、どういう基準で決めたらいいのかわかりません。
ライフスタイルなどいろいろ基準はありますが、まず自分の家計の状況を考えてみましょう
FPのテツコさん

 

家計タイプ別の借り方・返し方は?

自分に合った住宅ローンを選ぶ際には、家計の状況を考慮しましょう。
住宅ローンは長期間にわたって返済していくものですから、現在の収入や支出だけを見るのではなく、将来の家計がどうなるかを予測したうえで計画することが大切です。

トモヤさん
今のことだけじゃなく、将来どうなるかも考えておかなきゃいけないんですね。

 

現在と比較した将来の家計の状況をパターン分けすると、大きく分けて以下の3つのタイプが考えられます。

  1. 収入がダウンし、支出がアップする
  2. 収入がアップし、支出がダウンする
  3. 現在も今後も収入や支出に特に変動がない
今後、家計の余裕が増えるのか減るのか、それとも変わらないのかということですね。
FPのテツコさん

上記の3つのパターンが具体的にどんな状況の世帯に当てはまるのかをまとめました。
もしここに当てはまるケースがなかったとしても、それぞれのライフするタイルを考えて今後の収入や支出の変化を予測してみましょう。

 

①収入がダウン、支出がアップ

  • 現在夫婦共働きで、将来はどちらかが仕事を辞める予定の家庭
  • 現在夫婦共働きで、将来妻の勤務量を減らす予定の家庭(正社員から派遣社員やパートになる)
  • 現在共働き夫婦で、子供ができたら産休や育休をとったり、時短勤務になる可能性がある家庭
  • 将来、独立や転職を考えていて収入が現在より少なくなる可能性のある家庭
  • これから子供の教育費が増える家庭

将来は今より家計に余裕がなくなるかも……という方に読んでほしい記事はこちら

将来家計の余裕が減る……そんな家庭の住宅ローン選びのポイント

  サトミさん私は、子供の教育費がこれからかかってくるので将来の家計の余裕は少なくなる見込みです。 将来的に支出が増えたり、逆に収入が減ったりする場合は、将来の住宅ローン返済の負担をどれだけ ...

続きを見る

 

②収入がアップ、支出がダウン

  • 現在は夫婦のどちらかが家計を支えているが、将来共働きになる予定の家庭
  • 将来、妻の仕事量を増やせる見込みがある家庭(パート・派遣社員から正社員や、時短勤務からフルタイムなど)
  • 転職や独立、昇進、事業承継などによって将来確実に収入アップが見込める家庭
  • 数年以内に投資資金や保険金、相続など大きな一時的収入が見込まれる家庭
  • 数年以内に子供が全員独立したりして扶養家族が減る予定の家庭

将来は家計にゆとりができる!という方に読んでほしい記事はこちら

将来家計にゆとりができるなら、どんな住宅ローンを選ぶ?

  トモヤさん今の家計は楽ではないけれど、将来的に余裕ができる見込みがある場合、どんな資金計画にすればいいですか? 将来支出が減ったり収入が増えたりするからと言って、スタート時に無理をするの ...

続きを見る

 

③収入や支出に大きな変動がない

  • 扶養する家族が現在なく、今後も増える予定がない家庭
  • 今後も現在と変わらない働き方を続けていく予定の家庭

将来も家計の状況は変わらない。という方に読んでほしい記事はこちら

家計の状況がずっと一定な家計の選び方、返し方

  マサヒロ氏将来も特に収入が変わるわけでもなく、住宅ローンのほかにかかるお金も増えない場合、どんな資金計画の立て方が良いんでしょう? 家計の状況が今のままずっと変わらない家庭は、変化に対応 ...

続きを見る

 

自分がどの家計のタイプに当てはまるかを考えて、それぞれに合った住宅ローンを選びましょう!
FPのテツコさん

 

ここがポイント

  • まずは今の家計を把握し、ライフスタイルなどを考慮して将来の家計の状況を予測する
  • 将来家計がどう変化するのかをベースにして、住宅ローンの借り方や返し方を考える
  • 家計の変化は、収入と支出の変化から家計の余裕がどうなるのかがポイント

 

-選び方, 住宅ローンの基本

Copyright© わたしの住宅ローン , 2018 All Rights Reserved.