ケーススタディ

年収600万で住宅ローン4500万借りられるかシミュレーション

投稿日:

 

住宅ローンの審査をする際には、契約者の年収も審査基準に含まれます。
つまり、年収の額によって借りられる住宅ローンの金額も変わってくるということです。
自分の年収でいくらくらい借りられるのか、〇〇万円借りたいけど自分の年収で審査にクリアできるのかどうかなど、気になる点はあると思います。

FPのテツコさん
今回は、年収600万円の人が4500万円の住宅ローンを借りた場合をシミュレーションしてみたいと思います!

 

年収600万円で住宅ローン4500万円は借りられる?

そもそも年収600万円の人は4500万円の住宅ローンを借りられるのでしょうか?
年収600万円の場合の借入可能金額を試算してみましょう。

 

返済負担率で借りられる金額が決まる

住宅ローンの審査で特に重要視されているのが、返済負担率です。

返済負担率とは

年収に対して、年間返済額が占める割合を「返済負担率」と言います。
収入の中でどのくらいの割合の額をローンの返済にあてているのかを確認するパーセンテージになります。

返済負担率=年間の返済額÷額面年収×100

で求めることができます。

住宅ローンの審査の際、「年収○○万円の人は返済負担率が〇%以内になる金額までしか融資できない」という基準があります。

その基準は一律で決まってるんですか?
トモヤさん
FPのテツコさん
フラット35の場合は、一律で決まっています。
その他の民間ローンの場合は、金融機関によって基準が異なります。
なので、「この銀行だと審査が通るけど別の銀行だと審査に落ちた!」ということも起こります。

フラット35の返済負担率の基準

年収400万円未満の場合 返済負担率30%以内
年収400万円以上の場合 返済負担率35%以内

出典:住宅金融支援機構(https://www.flat35.com/faq/faq_202-1.html

 

年収600万円で4500万円のローンは借りられるか?
実際にシミュレーション

では、それを踏まえたうえで、年収600万円の人が4500万円のローンを借りられるのかをシミュレーションしてみましょう。

フラット35の場合

まず、フラット35の場合を例にして考えてみます。

先ほどの表の通り、フラット35の基準では、年収600万円の場は返済負担率が35%になる金額が借入金額の上限となります。

年収600万円×0.35=210万円

つまり、年間返済額が210万円までに収まるようにすれば審査に通る可能性が高いということです。

続いて、毎年210万円を返済し続けたとすると総返済額がいくらになるのか、返済期間別にまとめてみます。

返済期間 20年 25年 30年 35年
総返済金額 4200万円 5250万円 6300万円 7350万円
この場合だと、返済期間を25年にすれば5250万円まで借りられるってことですよね?
トモヤさん
FPのテツコさん
違います。これはあくまで「総返済額」。 つまり、金利も含めた返済額です。
実際に借入する金額はこれより低くなります。

金利を含めない借入額はいくらになるのか、以下の条件を仮定してシミュレーションしてみます。

金利は1.3%を想定
返済方法は毎月返済額が一定の元利均等返済を想定
ボーナス返済はなし

FPのテツコさん
するとこうなります!
返済期間 20年 25年 30年 35年
総返済金額 4200万円 5250万円 6300万円 7350万円
借入金額 3697万円 4480万円 5214万円 5903万円
なるほど。返済期間25年をで4480万円ってことは、それよりもう少し返済期間を延ばせば4500万借りられそうですね。
トモヤさん

 

実際、借りるとどうなるのかシミュレーション

FPのテツコさん
ただしこれは、あくまで審査に受かるギリギリのラインの話をしています。
たとえば、年収600万の人が返済期間26年で4500万円を借りるとどうなるかシミュレーションしてみましょう。

※先ほどの条件(フラット35)の場合

返済期間26年の場合
総返済額 約5,306万円
うち利息 約306万円
月払回数 312回
年間返済額 約204万円
毎月返済額 170,054円
返済負担率 34.01%
毎月の返済額が17万円を超えてる。ちょっと負担が大きい気が……
トモヤさん

返済負担率が35%までなら審査に通るからといって、あまり負担率を上げすぎると家計を圧迫してしまいます

FPのテツコさん
続いて、返済期間を35年まで延ばした場合を考えてみましょう。
返済期間35年の場合
総返済額 約5,604万円
うち利息 約604万円
月払回数 420回
年間返済額 約160万円
毎月返済額 133,417円
返済負担率 26.68%
毎月の返済額が4万円近くも減った!
返済期間を延ばした方が良さそうですね。
トモヤさん
FPのテツコさん
ただし、返済期間が増えたことで支払うことになる利息の額と総返済額が増えてしまうことに注意しましょう

 

条件を変えてシミュレーションしよう

今回シミュレーションした条件の場合は、返済期間をMAXの35年にしても返済負担率が約26%となりました。
年収600万円の人が住宅ローン4500万を借りることは可能ですが、決して軽い負担ではないと言えるでしょう。

ただ、借りるローンの種類や返済方法、金利が異なれば結果も異なってきます。
自分に合わせた条件でシミュレーションしてみましょう。

借入金額から毎月返済額をシミュレーションする

 

自分でシミュレーションが難しい場合は一括仮審査がおすすめ!

住宅ローンをどの金融機関で借りたらいいのか?
色々調べて比較して、一番良い金融機関を選びたいですよね。

トモヤさん
よし!この金融機関に決めた!早速審査を申し込むぞ!

 

でも……

住宅ローンの審査には、仮審査本審査の2段階があります。
もし仮審査に落ちてしまったら、その時点でその金融機関からは借りられません。

 

トモヤさん
せっかく1社に絞って申し込んだのに、もう一度最初から選び直しだ……

そうなったら、せっかく悩んだ時間が無駄になってしまいますよね。
こんなふうにならないために、一括仮審査がオススメなのです。

 

一括仮審査って?

「住宅本舗」を利用すれば、約80の金融機関の中から最適なところを選んで、最大6銀行に一括で仮審査を申し込めるんです!

一気に複数の金融機関で仮審査を行えば、仮審査が通った金融機関の中から一番良い金融機関を選んですぐに本審査に進むことができますね!

トモヤさん
でも、80もある金融機関の中からどれを選んで申し込んだらいいのか分からない……
大丈夫です!希望条件を入力するだけで、80の金融機関の中からシミュレーションしてくれます
FPのテツコさん

トモヤさん
気になった金融機関をいくつか選んで、一括で仮審査を申し込めるってことですね!便利!

住宅本舗を使えば……

  • 複数の金融機関に一括で仮審査を申し込めるから、スピーディーに進められる
  • 金利や事務手数料など、それぞれの金融機関をじっくり比較して一番良いものを選ぶことができる
  • WEBから入力するだけで簡単に仮審査に申し込める

 

もちろん利用は無料です。
一番良い金融機関を見つけるために、まずは気軽に申し込んでみましょう!
FPのテツコさん

 

住宅本舗の一括仮審査に申し込む

-ケーススタディ

Copyright© わたしの住宅ローン , 2019 All Rights Reserved.