費用 保険

住宅ローン加入時には生命保険を見直そう!

更新日:

団体信用生命保険でリスクに備えよう

トモヤさん
万が一家を失ってしまっても大丈夫なように、火災保険や地震保険には絶対入らなくちゃ!
住田さん、家に何かあった場合ももちろんですが、ご自分に何かあったときのことは考えていますか?
FPのテツコさん
トモヤさん
うわっ、考えてなかった!
確かに、もし突然僕が死んだりしたら、ローンを返済できなくなってしまいますね。
そんなことにならないように、今度は生命保険についても確認しておきましょう。
住宅ローン利用者のための生命保険を、団体信用生命保険と言います。
FPのテツコさん

 

割安な保険料で安心の団体信用生命保険

団体信用生命保険(団信)とは?

住宅ローンを借りた人が死亡したり高度障害状態になった場合、保険金が下りて住宅ローンの返済にあてられる生命保険です。
団体信用生命保険に加入すれば、ローンの契約者に万が一の事態が起こっても、保険金によってローンの残債分が金融機関に支払われます。
そのため、残された家族はその後のローンの返済をしなくても良いというわけです。

団信には原則加入しなければならない!

住宅ローンを借りる際、原則として団信に加入しなければなりません
団信への加入が必須かどうかは、住宅ローンの種類によっても違います。

民間ローンの場合・・・ほとんどの民間ローンで、ローンの利用条件として「団信に加入できる人」と定められています。健康状態などの理由で団信に加入できない場合は、民間ローンは借りられないということです。

公庫ローンやフラット35の場合・・・団信の加入は任意です。
過去に健康状態が悪かったりして団信に加入できない人は、公庫ローンやフラット35でなら住宅ローンを借りられます。

 

トモヤさん
団体信用生命保険に入っておけば、住宅ローンの心配はなくなりますね。
でも、僕は既にほかの生命保険に加入しているから、両方加入するのは無駄なんじゃないですか?
そんなことはありません。団体信用保険と一般の生命保険を上手に使って、必要保障額をカバーすることが大切です。
そのためには、生命保険の見直しを行いましょう!
FPのテツコさん

 

住宅ローンは生命保険見直しのチャンス!

「就職」「結婚」「子どもの誕生」な、生命保険に加入するきっかけはいろいろありますよね。
このような人生のいろいろなイベントの際は、生命保険の加入、そして見直しをするのに絶好のタイミングです。
その中で、生命保険を見直すタイミングとして特にオススメなのが「住宅購入時」なんです
それは、住宅ローンを利用する際に団体信用生命保険に加入するからです。

お得な団体信用生命保険で保険を見直せる

団体信用生命保険は、住宅ローン利用者がまとめて加入するため掛金が安く、加入時の年齢によって条件が異なるということもないので、かなりお得な生命保険なのです。
賃貸に住んでいる場合は、万一のことがあったときに備えて、その後の住居費のことも考慮した生命保険に加入する必要があります。
一方、住宅を購入する場合は、団体信用生命保険に加入しておくことで、とりあえず住居費の心配はなくなります。

トモヤさん
既にほかの生命保険に入っているからダブって支払うのはもったいない!

と団信に加入しない人がたまにいますが、これは大きな勘違いです。
ただし、住宅購入の際は必ず保険の見直しをすることをおすすめします。
見直しを行わずに、単に団体信用生命保険と一般の生命保険を二重に加入してしまうと、無駄な保険料を支払うことになってしまうかもしれません。
逆に見直しを行えば、保険金を節約することが可能になるのです。

 

住宅ローンの必要保障額はだんだん減っていく

生命保険の見直しをする際に覚えておきたいポイントは、「住宅ローンの必要保障額は年々右肩下がりに少なくなっていく」ということです。

たとえば、65歳で完済予定のローンを月々15万円返済していたとします。
仮にその人が35歳で亡くなった場合、残りのローンの金額、つまり必要保障額は5400万円(15万円×12か月×30年)になります。
そして、45歳で亡くなった場合は3600万円、55歳で亡くなった場合は1800万円という風に年々減少していくのです。
そのため、どのタイミングでも「3000万円の保険金が下りる」「5000万円の保険金が下りる」というタイプではなく、必要な保障をムダなくカバーできるタイプを選ぶべきです。

団体信用生命保険一般の生命保険を効率的に活用すれば、無駄な保険の見直しができます。

住居費は団信でカバー

団体信用生命保険は、保障金額はローン残高に合わせて徐々に減っていくため、保険料負担も減っていくという合理的な保険です。
万一の場合の住居費のについては団体信用生命保険でカバーできます。

その他の支出を算出して保険を見直し

生活費や教育費についても同様に、必要保障額は年々少しずつ減少していきます。
その分は一般の生命保険でカバーしましょう。
団信に入ったことによって住居費の心配はしなくていいわけですから、必要な保障額の分だけをムダなくカバーできるようにします。
必要な保障額は、万が一のことが起こった場合にどれくらいの費用がいつまで必要になるのかを考えて算出しましょう。

見直す前に加入時期をチェック

ここで注意してほしいのが、保険をすべて見直せば良いというわけではないということです。
団信に入ったから保険を見直そうと思ってすべてを見直すと、せっかくのお宝保険が台なしになってしまうこともあります。

たとえば医療保険などは、時代の変化に合わせて新しくなり、、その度に内容が充実していきます。
ですが、保険が新しくなったからといってすべて見直せばいいというものでもありません。

顧客によって支払われる保険料の一部は、将来の保険金支払いのために積み立てられています。
積立金の運用利率は、保険会社によって契約時にあらかじめ約束されています。
この運用利率のことを「予定利率」といいます。
運用利率が高ければ高いほど運用益が多く見込めるため、その分保険料が安くなるという仕組みになっています。
終身保険、年金保険、養老保険といった貯蓄性の高い保険ほど、予定利率の高低の影響を受けやすくなっています。

保険金額500万円の終身保険に30歳男性が60歳払込で加入した場合を考えてみます。
予定利率が5.5%の時期に加入した場合は、保険料が月5220円です。
それに対して、予定利率が1.65%のときに加入した場合は、月の保険料は1万1105円となります。
まったく同じ保険内容であっても、倍以上も保険料が高くなってしまいました。

このように、予定利率によって保険料の金額には大きく差が出ます。
そのため、せっかく予定利率が高い時期加入した保険をうっかり見直ししてしまうと、かなり損をしてしまうこともあり得るので注意が必要です。

生命保険の見直しでこんなにお得に!

きちんとした見直しをすれば、多くて100~200万円ほど節約することも可能です。
この金額を繰上返済にまわせば支払利息も軽減できます。

実際に保険の見直しをしたことで支出を抑えた例を見てみましょう。

35歳のAさんは、3500万円の住宅ローンを借りてマイホームを購入しました。
その際に、団体信用生命保険に加入したため、加入中の保険を見直すことにしました。
現在加入中の保険では、

・Aさんにもしものことがあった場合、4000万円の保険金が一時金で支払われる
・保険料は、毎月1万7800円支払う

という内容になっています。
それを次のように見直しました。

・団信に加入したことで、もしものことがあっても住居費の心配はしなくてよくなったため、保障額を4000万円から下げる
・保険金が一時金で支払われるものでなく、毎月給料のように支払われるタイプの割安な保険に切り替え

このように変更したことで、保険料は3800円になり、毎月1万4000円も保険料が減りました。
この金額を毎月積み立てると考えれば、3年後には約50万円のお金を貯めることができます。
これを繰り上げ返済の費用にあてた場合、利息は55万円カットできます。
保険を見直したことで、合計100万円も支出を抑えることができたのです。

 

様々なタイプの団信が登場している!

団信は「万が一ローン契約者が死亡した場合」に対して備えるというのが主流です。
ただし最近では、個性的な保障内容を備えた様々なタイプの団信が数多く登場しています。
たとえば以下のようなものがあります。

  • 三大疾病保障付団信・・・三大疾病(がん、心筋梗塞、脳卒中)に対して備えられる団信
  • 夫婦連生タイプ・・・夫婦二人で加入して、夫婦どちらかに万が一のことがあったらローンを返さなくてもよくなるタイプ
  • リストラ保険・・・リストラなど会社都合で失業してしまった場合に、再就職先が見つかるまでの一定期間、住宅ローンの支払いをカバーしてもらえるタイプ

死亡のリスク以外にも、大病やリストラにあって収入ダウンし、住宅ローンが支払えなくなるリスクがあります。
金融機関がこうしたリスクに備えるために、住宅ローン加入時の保険のバリエーションが広がったと考えられます。
また、それぞれの金融機関が他行との差別化を図るために、付加価値のある商品開発を行っているのです。
こうした様々なタイプの団信や保険を、自分のライフプランに合わせて選ぶのもいいかもしれません。

 

住宅購入時は保険見直しのチャンス!
家計の節約と保障内容の充実化が実現できる絶好のタイミングなんです。
FPのテツコさん

 

まとめ

  • 住宅ローン利用時は団体信用生命保険に加入しましょう
  • 住宅購入時は保険見直しのチャンス。住居費以外の部分を効率よくカバーできる生命保険を利用するのがポイント
  • 節約した金額を繰り上げ返済にあてれば、さらに利息もカット

-費用, 保険

Copyright© わたしの住宅ローン , 2018 All Rights Reserved.