ケーススタディ

【ライフスタイル別】一人暮らしの住宅ローンのポイント

投稿日:

エリカさん
私は結婚したり子供を作ったりする予定がなくて、家を買っても一人で住み続ける予定なんです。
なるほど。そういう人も多いですよね。でも、絶対ずっと一人で住み続けるって保証はありますか?
FPのテツコさん
エリカさん
そう言われると……人生何があるか分からないからなあ。
一人暮らしの場合は、もしライフプランが変わってしまっても対応できるようにしておくことがポイントです。
FPのテツコさん

 

一人暮らしの住宅ローン

1人暮らしの住宅ローンの一番のポイントは、ライフスタイルが変化した場合に柔軟に対応することができるようなプランを組むということです。
将来のプランが変わったとしても後悔しない住宅ローンの借り方のコツを押さえておきましょう。

 

たくさん借りすぎてはいけない!

1人暮らしの人が住宅ローンを借りる場合には、くれぐれもたくさん借りすぎないことをおすすめします。
1人暮らしの人は、ライフプランが変わりやすいというのが特徴です。
一生シングルだと思っていても、急に結婚が決まったり、転職や転勤で引っ越さなければいけなくなったり、親が高齢になって実家に戻らなくてはいけなくなったり……。人生何が起こるかわかりません。
そんな予定外の転機が訪れたときに、住宅ローンを借りていることが足かせになってしまって身動きが取れなくなってしまう、なんてことになる可能性もあります。
多額のローンを借りすぎてしまうと、その後の資金計画やライフプランを拘束してしまうことになりかねないのです。
目安としては、毎月返済額が月収の25%以内に収まるように計算して、借入金額を決めると良いでしょう。

 

親からの贈与なども利用して頭金を増やす

住宅ローンは、頭金が多ければ多いほど返済の負担も軽くなります。
多額のローンを借りすぎないことに加えて、頭金を多めに用意して余裕を持った返済ができるように備えておくことも一人暮らしの住宅ローンのポイントです。
親からの資金援助が受けられる場合はそれも利用して、頭金はなるべく多く支払っておきましょう。

ただし、失業や病気など、予想外のことが起こった場合に急にお金が必要になることもあります。
もしもの場合に備えるための貯蓄は、頭金に回さずにとっておきましょう。

 

老後の資金作りとのバランスを意識しよう

1人暮らしの人が住宅を購入する際に考えておかなければならないポイントとして、老後資金づくりとの兼ね合いがあります。
結婚して家族がいれば、夫婦2人の年金を合わせて暮らせたり、子どもと支えあったりすることができますが、1人暮らしの場合は、自分の老後の生活は自分で責任を持たなければいけません。
そのことを考慮して借入額や返済額を決める必要があります。
1人暮らしは子供のいる家庭などとは違って、教育費の負担などを考えなくて良くなります。
もし返済に少し余裕があるという場合でも、その分は老後のための貯蓄に回したり、繰り上げ返済に使ったりして、将来的な負担を軽くするよう心がけることも大切です。

 

一人暮らしの物件選び

50㎡以上なら税制優遇が利用できる

物件を探すときには、1人暮らし用だからと割り切って、ワンルームを安く購入するというのも1つの方法ですが、2LDK以上の広めの部屋を最初から選んでおくというのも賢い選択です。
広めの部屋を選んでおけば、もしライフプランが変わって将来的に家族が増えたとしても、そのまま住み続けることができます。
また、登記簿上の床面積が、50㎡以上の部屋の場合、税制上のさまざまな優遇を受けることができます
たとえば、住宅ローン減税を適用したり、不動産取得税や固定資産税に関する優遇を受けるためには、「物件の床面積が50㎡以上であること」という条件をクリアしなければなりません。
また、頭金を増やすために親から資金の贈与を受ける場合、住宅取得資金の贈与税非課税枠を使うときにも、床面積50㎡以上の条件があります。
広めの部屋を購入して、こういった税制優遇を利用するのも良いでしょう。

詳しくはこちらの記事をチェック!

住宅ローン減税で税金が戻ってくる!?

トモヤさん住宅購入にかかる税金を計算してるんですけど、こんなに上乗せされるんですね……憂鬱な気分になってきました。 そんなときのために、住宅ローン減税の制度が利用できますよ! これで税金の負担を減らす ...

続きを見る

 

一人暮らしのマンション選び

ライフプランが変わりやすい1人暮らしの場合は、一生ものだと思って住宅を購入したとしても、そこに一生済み続けるとは限りません。
そのため、1人暮らしの場合は、10年後、20年後に売却することや人に貸すこともイメージして住宅購入計画を立てることが大切です。
不動産の価格が買った後に上がっていたのは過去時代の話です。
売りたいと思ったときに不動産の価格が下がってしまっていて、住宅ローンの残債のほうが多くなってしまっていては、売るに売れない状況になることもあります。
そうならないためにも、頭金を多めに準備することが大切です。
また、それに加えて、資産価値が下がりにくい物件を見抜く目を養うということも大切です。

高く売れる物件を見極めるためのポイント

  • 交通アクセスが便利、日当たりが良いといった「立地」の部分
  • セキュリテイや管理状態の良さなどといった「マンション全体」の部分

これらの問題は、後々の資産価値に大きく影響してきます。
物件を選ぶ際には、こういったポイントに関しても特に厳しい目を持って選びましょう。
また、近くの同じような物件がいくらで貸し出されているか、いくらで売りに出ているかなどを調べ、相場を知っておくというのも参考になります。

 

まとめ

  • 一人暮らしはライフプランが変わりやすい!住宅ローンの借りすぎは避けましょう
  • 借入額や返済額は、老後資金作りとのバランスも考えながら決める
  • 一人暮らしの住宅を選ぶときは、将来的な売りやすさ、貸しやすさも考えておくとリスクを回避できる

 

 

-ケーススタディ

Copyright© わたしの住宅ローン , 2018 All Rights Reserved.